安心価格のデータ復旧サービス ゴールドリボン

0120-147-505

メールでお問い合わせ

復旧の可能性・復旧費用・所要時間等、復旧担当者がお答えします。
まずはお気軽にご相談ください。

Home > 当社のサービス > トラブル発生時の対処法(簡易診断)

トラブル発生時の対処法(簡易診断)

障害発生後してはいけない事

何とか自力でデータ復旧したいとか、自然治癒とかを望んで色々やってしまいますよね。
弊社にご依頼を頂く中では、障害の初期段階の方が圧倒的に結果が良好です。

  • 何度も起動を繰り返す (稀に自然治癒?もありますが)
  • デフラグ (最適化)
  • チェックディスク (自動修復)
  • リカバリー (購入状態への復旧)
  • フォーマット (初期化)
  • 復元ソフトなどのインストール (外部媒体からは可)
  • ハードディスクを叩く
  • ハードディスクの分解 (クリーンルーム以外での分解不可)
*

トラブル事例

よくあるトラブル事例をまとめました。ぜひご参考ください。

  • 電源を入れても何も反応しない。

ハードディスク以外の故障も考えられます。
一度メーカーサポートにご連絡される事をおすすめします。

  • Windowsの画面は出るがそこから進まない又は再起動を繰り返す
  • Windowsの画面は出るがその後ブルー画面になりエラーメッセージが表示される
  • 起動途中で黒い画面になりエラーメッセージが表示される
  • 極端に動作が遅くなり時々フリーズする
  • セーフモードなどを選択する画面から進まない
  • 一応動作はしているがハードディスクから変な音がしている

以上の6つの症状のいずれかに該当する場合、障害の度合いは軽度だと思われますが、起動を繰り返すと損傷が急速に進行する事があります。データはほぼ完全に近い形で復旧出来る可能性が大です。

  • メーカーロゴが出た後進まない
  • Mac起動途中?で止まってしまう
  • 外付けの媒体などでドライブが認識されない
  • 外付けの媒体などを接続するとフォーマットしますか?と聞いてくる

以上の4つの症状のいずれかに該当する場合、ハードディスクがソフト的に認識されていない状態です。ソフト的な障害だけであればほぼ復旧は可能です。物理的にも認識出来ない状態も考えられます。機械的に壊れていると復旧率は落ちます。

  • 誤ってフォーマットしてしまった
  • 誤ってリカバリーしてしまった
  • ファイルやフォルダを誤って削除してしまった
  • ファイルやフォルダが消えてしまった
  • ファイルやフォルダを開こうとするとエラーになる

以上の5つの症状のいずれかに該当する場合、それ以上データ領域に書き込みしない事が重要です。起動するだけで書き込まれる情報もあります。基本的には上書きされていないデータは復旧できます。

  • 他の復旧業者で見積を取ったがかなり高額だった

他社で重度物理障害と診断で30万円の見積でも弊社固定料金で復旧できている例は沢山あります。

  • 何らかの故障でメーカー修理を依頼したがデータは全部消えますと言われた

各メーカーではデータ復旧はしません、データ復旧後の修理依頼をおすすめします。

お電話&webからのご予約

お電話でのご予約の場合、お名前・ご来店の予定日、または送付予定日をお知らせください。

0120-147-505

webからのデータ復旧サービスのご予約は、郵送または店舗へのお持込み方法をご確認の上、下記フォームよりお手続ください。

※データ復旧をお急ぎの場合について営業時間外でも出来るだけ対応致します。
WEB予約又は電話でご確認お願い致します。

ご相談・ご質問もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

サイトトップへ